">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます!

 

企業でコーチングを導入する場合、その効果

を事前に言葉で説明する必要があります。

 

なぜ企業が個人コーチングを導入するのか?

 

管理職コーチングを導入したある企業に対し、

こんな説明が有効でした。

 

P.F.ドラッカーは有名な著書「マネジメント」

の中で、「人のマネジメントとは、人の強みを

発揮させることである」と言い切っています。

 

人のことをよく知らなければ、人の「強み」

を発揮させることはできません。

 

つまりマネジメントの第一歩は、人をよく

知ること、になります。

 

人をよく知るには、観察することも大事です

が、それ以上にコミュニケーションを積極的

に取る必要があります。

 

その前に、自分の「強み」をよく知っていて、

それを発揮できていることができていることが

大前提になります。

 

自分の「強み」が何かよくわからなくて、

それを発揮させることができていないのに、

他人の強みを発揮させることは難しいと

思います。

 

自分のことをよく知り、強みを発揮して貢献

するのは、マネジャーとしての責任です。

 

必要なのは自分と向き合う力です。

 

管理職のコーチングでは、管理職が自分の

「強み」に気付き、自覚的にその「強み」

を発揮して貢献できるようになること、

 

そして、部下や周りの人の「強み」を発揮

させることができるようになることを支援

しています。

 

それが、マネジメントにつながる重要な

ことだからです。

 

組織機能を明確にしてハード面の「仕組み」

をつくると同時に、管理職のマネジメント力

をコーチングで高める。

そんな企業支援の「型」ができつつあります。

 

ビジネスパートナーと分業することもあれば、

ひとりで二役やることもありますが、この

スタイルの企業支援を定着させることは、

私にとって大きな使命です。

 

コーチングができる仲間がもっと必要です。

 

それでは、今日もよい1日を!

コーチング新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細