">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

仕事の上でも人生を生きるうえでも

「あり方」というのはとても大事です。

 

「あり方」とは、生き方の基準です。

 

「あり方」を作るのは、思考や志ですが、

そのベースとなるのは知識や経験です。

 

知識や経験が少ないと、「あり方」が

定まらなかったり、荒波に接したときに

揺らいだり変わったりしてしまいます。

 

本質的には文化や教養といった面での

造詣の深さが「あり方」に大きく影響

してくるわけですが、そこに行く前に

ビジネス知識や生活教養が満たされて

いることは大きなプラスです。

 

ビジネス知識とは、分解すると会計と

法律、それにマーケティングです。

生活教養とは、生活していく上での

知識や知恵のことです。

 

これらは比較的簡単に身に着けることが

できます。こうした力を高めていった先に

「あり方」が定まり、ブレない生き方に

近づいていくといえます。

 

知識を偏重して「あり方」がおかしい人

は論外ですが、「あり方」を養うためには

知識を深めることも不可欠なのです。

 

たゆまず知識を養い、経験を培いたいと

思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細