">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

組織の中で仕事をしていると、制約条件

に縛られることがあります。

 

ところが、その制約条件は

「ほとんどが個人的な思い込み」

というケースがあります。

 

制約とは、行動にブレーキをかけるもの

です。「・・・だからできない」という

のが制約です。

 

制約の中には、「社長がこう言ったから」

「相手がこう考えているから」といった

人に起因するものと、「職場のルールが

こうだから」とか「これまでのやり方が

こうだから」という慣習に起因するもの

があります。

 

どちらも確認してみると、思っていた

ほどの制約にはなり得ないのですが、

確認するまでは制約だと思い込んで、

確認しようとすることさえしません。

 

その理由は、変容に対する恐れです。

 

制約だと思い込んでいたものが制約で

ないとわかってしまったら、変わらない

のは自分の責任ということになります。

 

制約を制約だと思い込んでいる限りは、

変われないのは制約があるから、という

言い訳が立ちます。

 

でも結局や制約があろうがなかろうが

変容するかしないかは自分の選択であり、

最初から自分の責任です。

 

制約だと思い込んでいることを、本当に

制約かどうか確認してみませんか?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細