">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

スケールの大きな人に憧れます。

 

スケールとは、物事や世界を見るときに基準

にする「モノサシ」のことです。

 

言葉は、その人がいつも何を考えているのかを

如実に表します。たとえば私は、企業の成長を

いつも考えているので、毎日更新しているこの

ブログの記事も会社のことを書いています。

 

使っている用語も、ビジネス用語が多いです。

マーケティングが得意な人はマーケティング

用語を普段から使いますし、ITが得意な人は

IT用語をよく使います。

 

使っている言葉は専門分野や得意分野を反映

しています。

 

つまり言葉はその人の頭の中を映し出している

と言えます。

 

言葉は同時に、その人が考えているスケール感

も表しています。たとえば私の記事は、従業員

30人から50人規模の中小企業の経営者目線で

あったり、管理職目線であることが多いです。

 

スケール感の大きな人は、日本経済や世界経済、

この先10年20年を考えています。それは言葉

に反映されますので、受け手にも伝わります。

 

自然に発する言葉が、より大きなスケールで

物事を捉えた発想や視点であることに憧れます。

 

自分の中の発想を、より大きなスケールで捉え、

同時にミクロの視点で分析できる、そんな視野

を常に持ちたいと思います。

 

と、ある人の話を聞いていて感じました。 

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細