">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

やる気とは優先順位のことです。

 

「スタッフにやる気がない」

というのは、スタッフにとって仕事を本気で

やることの優先順位が低いということです。

 

本気でやって評価されたり、給料が増えたり、

仕事ができるようになることの優先順位が低い

と、やる気がないように見えるのです。

 

優先順位が低い理由には2パターンあります。

 

もともと優先度が低い場合と、職場の環境が

低くさせている場合です。

 

職場環境が低くさせているというのは、様々

な理由があって失望させられている、という

ことです。人間関係や会社の方向性の場合も

あれば、自分の能力のなさに失望していると

いう場合もあります。

 

この失望感を解消して、本人の中での仕事の

優先順位を上げていくことが、人を使う上で

避けて通れない課題なのです。

 

「スタッフにやる気がない」

という上司が、そのスタッフの失望の種類や

原因、その深さを、どれだけ理解しているで

しょうか?あるいは、理解しようとしている

でしょうか?

 

失望感を理解して、解消することに気持ち

を注ぐことで、優先順位は少しだけ上がる

かも知れません。

 

スタッフに仕事の優先順位を高めてもらう

ことと、お客さんに自社商品の優先順位を

高めてもらうことは同じです。

 

お客さんに商品の魅力を伝えるように、

スタッフに会社や仕事の魅力を伝えて

優先順位を上げてもらう努力が必要です。

 

「スタッフにやる気がない」の原因は、

仕事の魅力を伝えきれていない上司の

責任が半分くらいあると見ています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細