">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

「センスを磨く=五感を磨く」です。

 

仕事の「センス」があるとかないとか

言うことがあります。

 

例えば、「営業のセンスがない」とか、

「会計のセンスがいいね」とか…。

 

この場合、「センス」は「適性」に近い

意味で使われていると思います。

 

「適性」という言葉には、生まれもった

性質とか、はじめから備わっている性質

という意味が含まれています。

 

生まれ持っているものだから、変える

のは難しい、ということになります。

 

ところで、そもそも「センス」ってなん

でしょう?

 

直訳すると、sense=五感、です。

 

五感は、「五感を磨く」という使い方が

あるように、後天的に向上させることが

前提です。

 

「営業のセンスがないね」と言われたら、

センスを磨けばいいだけの話ですね。

 

五感ですから、たくさん見たり、聞いたり、

体感するうちに、磨かれていきます。

 

センスが向上しないのは、見る、聞く、

体感する量が少ないのかもしれません。

 

しっかり見て、ちゃんと聞いて、意識して

体感することが、センスを磨く早道です。

 

「自分の仕事のセンスを磨き上げる」

ことを意識して仕事に取り組んでみませんか?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細