">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

仕事がマンネリ化しているというのは、

負荷がかかっていないから成長がない

という意味です。

 

マンネリ化を嫌悪するということは、

ウラを返せば成長を求めているという

ことになります。

 

人はマンネリ化を嫌い、成長を求める

性質を持っていると言えます。

 

マンネリ化の原因が、負荷が少ないこと

への不満なら、今の仕事を変えなくても

負荷を増やせばいいわけです。

 

一番簡単に負荷をかける方法は、時間の

プレッシャーを与えることです。

 

質を落とさず制限時間だけを短くすると、

今まで使っていなかった能力が発揮され

短時間でより多くのことができるように

なります。

 

「最近仕事がマンネリ化しているな」

と感じたら、制限時間を見直してみて

ください。

 

成長にはリズムと勢いがあり、リズムが

整って勢いに乗ってくると新しい展開が

どんどん拓けていきます。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細