">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

仕事のモチベーションを高める前段階で、

そもそも仕事に対しての前提が間違って

いるという場合があります。

 

この原因は、経営者がどんな働き方を

してほしいのかを明確に伝えていない

ことです。

 

ハッキリしないから自分勝手な解釈で

働いていいものだと思われています。

 

ある程度の規模の会社や、採用に力を

入れている会社には、そうした前提が

わかっている人が入社してきますが、

小さな会社の場合は働き方から伝えて

育てていかなければなりません。

 

中小企業は大企業のように余裕がない

から、即戦力の人材を採用しなければ

ならないと言いますが、本当に即戦力

になる人は優良企業しか選びません。

 

中小企業こそ、なんでもない人を戦力化

する力をつけるべきで、人を育てる力が

つくと、企業規模が大きくなる可能性が

高くなります。

 

戦力化する上で、最初に教えなければ

ならないことは、会社で働くルールです。

 

何となく知っている程度で仕事をさせて

いるからトラブルになるわけで、最初に

しっかりとルールを叩き込む必要があり

ます。

 

サッカーのルールを知らないのにサッカー

はできないように、会社のルールを知らな

ければまともな仕事はできません。

 

モチベーションを高めるのはその次の段階

です。まずはルールを徹底的に叩き込む。

それができたら次の段階です。

 

この会社ではどんな働き方をしてほしいか?

最低限のルールを書き出してみてください。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細