">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

今日は亡き祖父の命日です。毎年この日は

心の中で事業の報告を唱えます。

1917年生まれなので、今年生きていれば

100歳です。

 

私の父方の祖父は商売人でした。

母方の祖父は木工職人です。

 

父方は商売人の家系で、祖父の兄弟はみな

自分で商売をはじめて生業としていました。

母方は職人の家系で、指物職人、石工職人

など皆ものづくりに関わっています。

 

そんな家系に生まれているので、商売人と

職人の両方の生き様を見てきています。

そのことは、現在の私の仕事にとても活か

されていると思います。

 

企業の中でも、ゼネラリストとして生きるか

プロフェッショナルとして生きるかの選択を

迫られる場面がありますが、そのどちらにも

共感ができます。

 

私自身は、商売を始めた以上は商売人として

生き抜くつもりですが、職人の生き様に共感

できる心情は大切にしたいと思っています。

 

そして、こんなことが考えられる豊かな日本

を築いてくれた祖父たちの、生きてきた時代

に今日は思いを馳せてみたいと思います。

 

日本が本当に苦しい時代を、どんな思いで

日々を生き抜いてきたかに思いを馳せると、

「これくらいじゃまだまだ立ち止まれない」

と勇気が湧いてきます。

 

そんな1日にしたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細