">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

コミュニケーションの基本は相手を

認めることです。相手を認めること

なく、有効なコミュニケーションは

成立しません。

 

普段のコミュニケーションであれば、

相手を認めたり尊重したりすること

で関係性は良くなり、楽になります。

 

ところが、会社の中で上司と部下に

なると、「その状態は認められない」

ということが頻繁に出てきます。

 

相手の人格は認めるけれど、状態は

すぐに改善してほしいというような

場合です。

 

仕事の場合はそれで業績が左右され

ますので、上司にとっては、部下の

状態が改善されないと一大事です。

 

その時でも、もちろん相手を認めて

信頼関係を築くことは絶対に避けて

通れないのですが、そこで終わって

しまっては改善を促せません。

 

会社の状況や仕事の局面を相手に

理解させた上で、どういう行動を

取ってほしいのかを相手に伝え、

納得してもらう必要があります。

 

伝えて納得してもらう力が、上司

にとっての課題になります。

 

今の時代、まさか暴力で相手を納得

させるわけにいきませんが、それに

匹敵する力があります。

 

それは、「数字」です。

 

数字を自在に扱えると、説得力ある

話し方ができます。

相手も納得しやすいのです。

そのためには、自分の部署が関わる

数字を熟知しておく必要があります。

 

上司としてのコミュニケーションを

鍛えるためには、まずは数字を把握

する。売上数字だけでなく、時間や

効率性、生産性に関する数字です。

 

どんな数字を把握しておくと説得力

があるのか、個別に管理職と話し合う

コンサルティングをしています。

 

現場を動かす管理職が、コミュニ

ケーションの悩みを解消することで、

業績向上に直結することを期待して。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細