">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

「下地づくりに時間をかける」ことを、

余裕を持ってできるようになりました。

 

企業にコンサルに入る時点では、会社の人から

「本当にこんなことで成果はでるの?」

と思われているわけです。

 

下地づくりをしている間は、成果は出ません。

 

「いつまで経っても状況が変わらない」

と思われてしまうような状態です。

 

 

そのプレッシャーに負けて、早く成果を見せる

ことに注力してしまうと、望む結果は出ません。

 

そんなプレッシャーさえも、最近は楽しめるよう

になってきたのは、成果が出ることを信じられる

ようになってきたからだと思います。

 

もう少し突っ込んで言うと、成果を出すのは社員

のみなさんで、私が代わりに仕事をするわけでは

ありません。

 

つまり、社員さんの活躍を信じられるようになって

きたということです。こういうと無責任のような

言い方になってしまいますが、社員の活躍を支援

するのが私の仕事であって、代わりに結果を出す

わけではないのです。

 

早く成果を見せたいと思ってしまうと、この点が

あいまいになりがちです。あくまでも成果を上げる

のは会社の人であるはずです。

 

だから「下地づくりに時間をかける」ことが

重要なのです。下地がないところに、表面だけ

上塗りしても、いずれ剝がれます。

 

そうではない成果にフォーカスしていきたいと

思っています。

 

今日も「下地をつくる」ことに時間と愛情を

たっぷりかけていきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細