">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

事例を数多く知ることは、新しい発想

を生む際にとても参考になります。

 

どんなビジネスが成長しているかを全く

知らないと、自分が思いついたアイデア

がどの程度世の中に通用するかがわかり

ません。

 

また人のアイデアを聞いて、どうすれば

ビジネスとして通用するレベルになるか

判断できるようになるには、豊富な事例

を知ることが早道です。

 

逆もまたしかりで、成功事例だけでなく

失敗事例、会社で言うと業績悪化や倒産

の事例を数多く知ることも大事です。

 

事例を知ることの目的は、判断基準を作る

ということです。

 

たくさんの事例に触れることで、判断基準

が自分の中に形づくられます。

 

経験が一番ですが、やってみる前に知る=

その業種で何が成功するのかをリサーチする

というプロセスがないと成功しません。

 

事例は、文章で読んで実際に見に行くのが

一番です。昨日は歴史ある企業の成功事例

を実際に見てきました。

 

現地に行くと、成功するノリが感じられ、

理論だけで成功するわけじゃないという

ことがよくわかります。

 

事例を学んで実際に見る。

これを大事にしたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

 

 

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細