">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

これまで数件の事業再生をやってきましたが、

再生する案件と再生しない案件がありました。

 

その差は、もちろん経営者の本気度や真剣さ

は言うまでもありませんが、もうひとつは、

再生に必要な資金を調達できるかどうかが

明暗を分けるのです。

 

経営課題を長く放置したために、再生支援の

対象になるほど業績が悪化したわけですから、

経営者に反省すべき点があるのは事実です。

 

しかし、経営者がそれに気づいて、それまで

の経営に対する思いを改めたとしても、再生

するにはそれだけでは不足です。

 

事業再生には、資金が必要です。

 

ところが、事業再生が必要な時点で、すでに

銀行からは見放されているので、容易に資金

調達はできません。

 

再生プランを立てて、その計画に対して資金を

用立ててくれるようお願いするわけですが、

たいてい既に借りているお金を返せないのに、

新たな資金を借りることになるわけですから、

本当に大変です。

 

これが実現できるかどうかは、経営者の信頼度

によります。信頼度とは、計画を立ててその通り

行動できるかどうかです。

 

計画を立てることが前提で、その次にその通り

に行動できるかどうか、つまり結果を出せる

かどうかということです。

 

これは、優良企業が普通にやっていることです。

 

優良企業の標準が社内にないから、事業再生が

必要なまでになったと言えます。

 

再生のための資金調達は、経営者が計画通りに

行動をコントロールできるかどうかがポイント

になっているということです。

 

これを事前に証明するのはとても難しいです。

 

難しいですが、経営者自身がそのことを理解

できれば、証明できないことはありません。

小さな行動で銀行への信頼を築くのです。

 

そうして資金調達ができれば、再生の第一歩

が完了です。現金がなければ事業は進められ

ません。事業再生の資金調達支援は、本当に

実力を磨かれます。

 

その経験をもとに、今は設備投資などの事業

投資の資金調達を入り口にして、最終的には

組織運営まで入って企業支援しています。

 

投資計画から組織運営までを守備範囲にして

これからもサービスを磨いていきます。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細