">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

新入社員がどのくらいの期間で戦力化

するかは、企業にとっては生命線です。

このスピードが早い会社ほど、成長力が

高いと言えます。

 

新入社員の戦力化までの速度は、上司や

先輩が「どのくらい目をかけているか」

に左右されます。

 

上司や先輩が、新入社員に目をかけられ

るかどうかは、過去にその上司や先輩が

どのくらい目をかけて育ててもらったか

によります。

 

即戦力が欲しいというのは、目をかけて

育てている暇がないという意味です。

 

「即戦力しか採用できない」という局面も

あるのですが、人を育てることが根付いて

いない会社は、競争力の面で生き残りが

厳しくなります。

 

いままで人を育てる土壌がない会社に

「人を育てる力を根付かせる」

というのは、一大プロジェクトです。

 

その第一歩は、先輩社員が「人を育成する」

という観点で自分の課題を見つけて取り組む

ことです。育てる対象の後輩の課題ではなく、

育てる側としての自分の課題にフォーカス

します。

 

その課題を通して自分が成長しているから、

後輩の育成もできるわけです。

 

人を育てられる会社が勝つというのはつまり、

スタッフみんながそれぞれ成長しているから

勝てる、ということです。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細