">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

仕事を進めていくのに心地いいリズム感や

スピード感があると思います。

そのリズム感・スピード感が狂うと、本来

の実力が発揮されなくなります。

 

ひとりで完結する仕事はありませんので、

仕事は必ず誰かのペースが影響してくるわけ

ですが、他人のペースをどう受け止めるかに

よって仕事全体の効率は大きく変わります。

 

自分よりもペースの遅い人に影響されたとき、

「リズムを狂わされた」「ペースを乱された」

と思ってしまうと、成長はありません。

モチベーションも下がります。

 

他人のペースに影響されることは当然のこと

として、それによって自分自身のリズム感が

狂わないようにするのがプロです。

 

高い柔軟性と、自分の影響の輪を広げていく

覚悟がないとできません。

 

影響の輪とは、自分自身の姿勢や対応により

自分を取り巻く周囲の反応を変えていく範囲

のことです。

 

周囲の反応が、自分の姿勢や対応の結果だと

わかると、自分を変えることが環境や状況を

変えることだと気づきます。その影響の輪を

広げていくということです。

 

他者との関係によって、心地いいリズム感や

スピード感が狂ったときはチャンスです。

自分の姿勢や対応を変えることで状況に変化

をもたらすことができないか挑戦する時です。

 

「仕事のペースを乱された」と感じたとき、

「あ、そうだ。人のせいじゃなかった、自分

の影響の輪を広げるチャンスだった」

と思い直せたらベストですね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細