">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

仕事の効率化のためには、仕組み化して、

できるだけ判断の回数を減らして仕事が

進むようにする、代わりの人がやっても

同じ成果を上げられるようにすることが

とても大事です。

 

一方で、最も進化の弊害になるのは仕組み

です。仕組み化され、長い時間をかけて

改善を積み重ねて成熟した仕事ほど、進化

の弊害になります。

 

進化するためには、仕組みを壊すことに

なります。企業の発展はこの繰り返しで、

仕組み化と進化を繰り返すことです。

 

これが苦手だと、組織の力を活かせず、

人数が増えても個人商店経営から抜けられ

ないということになります。

 

管理職には「既存の仕組みを壊して新しい

仕組みをつくる」のが得意なタイプと、

「決まった仕組みを守って定着させる」

のが得意なタイプがいます。

 

新しい仕組みを作るのが得意なタイプは、

決まったことを守って定着させることが

たいてい苦手です。

 

決まった仕組みを守って定着させるのが

得意なタイプは、既存の仕組みを壊して

新しい仕組みを導入しなければならない

局面で苦しみます。

 

異なるタイプの管理職をうまく使って

企業を発展させるのが経営者の手腕です。

 

仕組み化と進化をどのくらいのスピード

で繰り返していますか?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細