">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

作家が書いた企業小説は、ビジネス書

よりもビジネス知識が深まります。

歴史小説や企業が舞台の企業小説は、

大好きな分野のひとつです。

 

最近読んだのは、池井戸潤さんの

ベストセラー本数冊。

 

テレビドラマや映画になってしまうと、

どうしても「映像で見せる」「セリフで

表現する」という側面が強く出るので、

小説で味わう方が深みがあります。

 

サラリーマンとしての経験は16年しか

なく、上場企業を経験していない私は、

小説の中で描かれる銀行や上場大企業の

舞台裏が面白くて仕方ありません。

 

体験していないことを知るのに、読書

ほど効率的な方法はないと思いますが、

ビジネス書だけ読んでいても「深み」

に欠けます。

 

かといって、古典や純文学を味わうのは

優先順位から言ってもう少し先、という

人は、企業小説が本当におススメです。

 

小説は読む場所を選ばないので、映画や

テレビドラマよりも手軽です。

来週からは出張続きなので、読む時間が

たっぷり確保できそうです。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細