">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

値上げを助言して敢行できるかどうかが、

業績改善の瀬戸際になることがあります。

 

提供している価値に比べて価格が低い場合

の基本戦略は、値上げです。

というか、中小企業の価格戦略は高く売る

こと以外ありません。

 

安売りでは資本の厚い大企業にかなわない

からです。

 

企業間取引の場合の値下げ圧力は、相当な

ものです。簡単に取引を解消されます。

同じものを供給する人がいくらでもいると、

価格でしか判断できないからです。

 

ところが、それなりの手間をかけて、他より

付加価値の高い製品を他と同じ価格で販売

し続けているとしたら、それは怠慢です。

 

値上げできない理由をいくら並べてみても、

価格交渉の場面で値上げを切り出せないこと

の言い訳でしかありません。

 

要は、お客さんの意に反することを言えない、

ということです。

 

そうなると、極論すれば消耗戦で耐えられる

ところまで安売りして、破綻を待つのみです。

投資を回収できなければ再投資もできないし、

正常な経営はできません。

 

正しい値上げで、経営を正常化させられるか

どうかは、コンサルとしても手腕を試される

ことのひとつです。

 

「適正価格で正常な経営状態を取り戻す」

最近複数の企業で同じテーマが出てきました。

私自身も取引先に値上げ提案をしています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細