">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

ある人から教えてもらったのですが、

目標に向かって行動を加速するとき、

 

・モチベーションを上げる

・障害をなくす

・その両方をやる

 

の中で、効率が最大の選択肢は?

 

両方やったら効率的だと思ったので、そう

即答したのですが、正解は障害をなくすこと。

 

いくらモチベーションを上げて加速しても、

ブレーキがかかったままだと、スピードが

上がらないわけです。

 

ということは、最初にブレーキを外す=障害

をなくすことに取り組むのが効果的だと。

 

その障害は、現実的な障害であったとしても

心の中で壁になっている心理的障害に帰結

します。それを外すことで、モチベーション

を上げなくても、今まで通りのパワーで目標

に向けた行動が加速します。

 

確かにその通りだと思いました。

 

効率とは少ないパワーで最大の効果を上げる

ことです。

 

計算式で言うと、

 

効率=効果÷かけたパワー(集中度と時間)

 

です。経営的に言うと、投資利益率です。

 

投資利益率(ROI)=収益÷投下資本です。

 

ブレーキを外すとは、かけたパワーが

ダイレクトに効果につながるようにする、

ということです。

 

障害に目を向けず、目標ばかり見ていたら

経営効率が落ちるということです。

 

私自身もブレーキを踏んだまま走っている

部分がいくつかあります。先にブレーキを

外すことに取り組まなければと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細