">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

行動を加速して成果を早く出すためには、

「最大の制約は、自分が設けていると知る」

ことが第一歩です。

 

会社で仕事をしていると、様々な制約条件に

行動を制約されます。

 

「もっとこうしたら業績が上がるのに」

「もっとこうしたら効率性が高まるのに」

 

と思っても、すぐに実行できない事情や関係性

があるために、実行できないことがあります。

 

実現可能で、望む結果になることが明確なのに

実行できないとしたら、もしかしたら制約条件

を設けているのは「自分」かも知れません。

 

基本的に、社長が会社をよくすることに制約を

かけることはあり得ません。

 

「でも、社長は認めないだろからできない」

としたら、社長の意を汲んでいない方向性の

改善案である可能性が高いです。

 

「提案が通らない」というのも同じで、どんな

にいい改善案だとしても、周りの人にわかって

もらうプロセスだけは外せません。

 

自分一人が実行すれば、自分の効率性が高まる

ということなら、黙って実行すればいいです。

とはいえ、仕事は関係性の中で成り立っている

ので、人にわかってもらうことは必要です。

 

自分の中に制約条件を設けているポイントの

多くはこの点です。

「人に説明してわかってもらう自信がないから

できない」といのが最たる制約です。

 

この場合、「制約条件を外す」の具体的行動は、

「思いついたアイデアを周りの人に話してみる」

です。もしからしたら足りない視点を他の人が

補ってくれるかもしれません。

 

制約条件が自分の中にあるとわかれば、行動は

もっと楽で気軽になります。

 

制約条件は、お化けと一緒で、正体がわかると

怖くありません。

 

制約の正体が、「説明してもわかってもらえない」

という自分自身の恐れだとわかれば、対応策を

取れます。

 

風通しのいい職場の実現には、社員一人一人が

抱える制約条件を探り、それを外していく作業

が最初の段階での課題となります。

それは、私が担当する大切な仕事の一部です。

 

そんな仕事を加速して、支援先企業の業績向上

に貢献したいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細