">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

原点を見直してみました。

 

中小企業診断士の資格を取ろうと思った

きっかけは、18歳の頃に船井幸雄さんの

著書に出会い、経営者という職業に強い

憧れを持ったからです。

 

経営者と直接話をする経営コンサルタント

という職業を、その時はじめて知りました。

ただ、自分がなれるとは思っていませんし、

なりたいとも思っていなかったと思います。

 

実家は祖父が開業したクリーニング店で、

小さいころから商売には馴染みがあり、

小さいながらも経営を軌道に乗せた祖父の

哲学みたいな話は昔から聞いていました。

 

何よりも、お客様に対する姿勢には学ぶ

ところが多かったと思います。

 

今でも印象的なのは、お札にアイロンを

かけてピン札に戻し、取引先への支払い

に使っていたことです。細やかな気配り

の一角が表れていた習慣です。

 

そんな祖父への憧憬もあり、船井幸雄さん

の影響もあって、いつかは経営者に係わる

仕事がしたいと思っていました。

 

中小企業診断士の資格取得は、そのための

切符でした。

 

実際に経営者に係わる仕事をしてみて、

中小企業経営者という人種を、心底好き

なのだと感じています。

 

世の中にはいろんな経営者がいます。

そのすべてにドラマがあり、思いがあり

浮き沈みがあります。

 

そうした話を聞いているだけでも楽しく、

力になりたいと思ってしまいます。

 

これからもっと力になれることを増やして

いきたいと思います。

 

たまに原点に立ち返って、仕事に対する

思いを確認する時間を取ると、やる気が

増しますね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細