">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

問題がないのがいい職場ではありません。

 

会議で「問題はありませんか?」といった

ときに、問題がたくさん出てくる職場ほど、

成長の可能性があるということです。

 

「成長」というのは、できなかったことが

できるようになるとか、わからなかったこと

がわかるようになることです。

 

それは、新しい経験を通して起こります。

 

新しい経験は、何かにチャレンジしたとき

に得られます。昨日と同じ事を今日も明日

もやっていると、新しい経験は生まれない

のです。

 

避けようと思えばどこまでも避けて通れる

のが新しい経験です。今までの経験の中で

できることだけをやって生きていくことも

できます。

 

それとは逆に、問題を見つけて乗り越える

ことに挑戦し続けると、常に新しい経験が

生じます。そこには、うまくいっても失敗

しても成長が得られるという結果がついて

きます。

 

会社は、現状維持の状態を長く保つことが

できません。成長以外は衰退に向かうこと

になります。常に問題解決に取り組んで、

成長している状態でなければならないのです。

 

つまり、問題を見つける能力が会社の成長力

につながるということです。

 

あなたの職場の問題は何ですか?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細