">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

経営トップが日常的な業務の管理に

追われていると会社はなかなか成長

に向かいません。

 

経営トップ、管理職、スタッフという

階層があったら、日常の業務の管理を

するのは管理職とスタッフです。

 

管理職は日常の業務の管理をしながら

方針管理(会社が目指す方向に進んで

いくための仕事)をし、経営トップは

方針管理により時間をかけているのが、

成長する企業の基本形です。

 

ところが、管理職やスタッフにその

意識がなく、ただ目の前の作業を終え

ることばかり考えていると、日常の

業務の管理を経営トップがやること

になります。

 

そうすると、方針管理にかける時間

がなくなってしまいます。

 

極端に言えば、会社全体が目の前の

作業を終えることに終始し、会社が

どこを目指していくのかは誰も管理

していないという状態です。

 

これでは、企業は成長しません。

 

同じ業種業界で方針管理をしっかり

やっている企業が出現すると、一発

で競争に負けてしまうわけです。

 

そうならないために、日常の管理を

経営トップにやらせてはなりません。

 

管理職クラスでしっかりと日常業務

管理のPDCAを回して、経営トップ

には方針管理に専念してもらう。

 

この基本形を実現することが、成長

企業への第一歩です。

コンサルの仕事は多岐に渡りますが、

基本形を実現するというのが原則です。

 

大変だけど、楽しい仕事です。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細