">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

ものづくり企業は、技術と人材の定着が

生命線です。

 

せっかく育てた人材も、定着しなければ、

技術やノウハウ、それの習得に費やした

時間、チームワーク等が活かされません。

 

定着率は、信頼関係に相関しますので、

信頼関係が結びやすい職場かどうかが

問われます。

 

私自身、転職でいくつかの職場を経験し、

信頼関係の結びやすい職場とそうでない

職場がありました。

 

その違いは、育成の仕組みがあるかない

かです。新入社員として入社したときに、

上司や先輩が、「育てる」関わり方ができ

ないと、仕事をスタートする時点で既に

信頼関係ができにくいのです。

 

上司や先輩が「育てる」関わりができるか

どうかは、心構えの問題が半分ですが、

もう半分は仕組みの問題です。

 

新入社員が入った時に、これとこれをこの

順番で伝える、これを経験させた後にこれ

を経験させる、などの経験値を、ある程度

明文化して共有しておくことが仕組みです。

 

この仕組みを作っておくと、育てる関わり

が苦手な上司や先輩でも、新入社員と信頼

関係を築きやすくなります。

 

つまり、この仕組みづくりが技術と人材の

定着につながり、その蓄積が業績になって

表れていくということです。

 

今、育成の仕組みづくりに関わっています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細