">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

昨日までの宿泊研修で、経営幹部21名の

目標設定をサポートさせていただきました。

 

11月までの約4か月で到達・実現する水準

も決めてもらい、スタートを切りました。

 

21名いれば21通りの経営課題があります。

それぞれの背景(会社の規模、歴史、局面)、

社内での立場(上司、部下、同僚との関係)、

会社の方向性、業界構造、経営者の方針に

よって取り組み方は全く異なります。

 

一方、共通点もたくさんあります。

 

参加者には自分以外の20名の課題について

その背景や社内的な立ち位置などを踏まえて

「自分だったらどうするか」を考えてもらい

ました。これはすごいトレーニングです。

 

自分以外の課題だったら客観的に考えること

ができるからです。自分の課題になった瞬間、

主観が入るので「これはできないだろう」と

現実の延長で考えてしまいます。

 

客観的に考える利点は、現実の延長を断ち切る

ことです。第三者的立場で考えたら、理想形に

近づくための発想がストレートに出てきます。

 

その視点で自分の課題を見つめなおしてもらい、

第三者的に解決策を考えて、主体的に実行する

というのが研修のセオリーです。

 

本気のスタートを切った参加者の表情を見て、

気の引き締まる思いがしました。

自分自身も行動に拍車をかけたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細