">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

部下を育てるとき、現在の状態で

見るのか、将来の状態で見るのか

で接し方は大きく変わります。

 

将来の状態で見るとは、今は何も

わからない、できない新人でも、

将来は自分を超えるかも知れない、

という可能性を思い描くことです。

 

自信がない上司はこれができません。

 

自分を超えるような成長なんてする

はずがないと思っています。

今の状態から想像もつなかいような

成長はあり得ないと決めています。

 

でも人は何がきっかけで大きく成長

するかわかりません。今は自信もなく

物事を知らない人であっても、可能性

は等しくあるはずです。

 

部下の可能性を最大限に引き出し、

成長させ、それに負けないくらいの

成長速度で自分も成長するというの

が理想です。

 

将来の可能性で人を見るポイントは、

 

今の状態がこの先も続くという思考

を捨てることです。

 

人を活かす人は、常に将来像で人を

見ています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細