">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

今までやってきたことを、“形”に

する時期があります。

 

例えば、試行錯誤してきた商品を完成

させるとか、作業標準をまとめて書面

にするなど、アウトプットを手に取れ

る状態にすることを、「形にする」と

表現します。

 

「形にする」ことができるのは、小さ

なアウトプットが積み重なっているこ

とで、真面目に仕事をしていれば必ず

何かが積み上がっています。

 

それを手に取れる形に変える作業は、

意識してやらないとできません。

 

また、期限がないといつまでも着手

できないとか、途中で保留になって

しまいます。

 

アウトプットを形にする効果は、

自分自身がそのことから卒業して

次のステップに行けるということ

です。

 

「意識して“形”にする」

「期限を決めて取り組む」

 

来年はこれを標語に仕事に取り組み

たいと思います。

 

アウトプットの“形”を意識すると、

普段の仕事への取り組み方にも変化

がありそうです。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細