">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

「部下にどう接していいかわからない」

 

が高じると、

「今の若者には、やる気が見られない」

「昔は、仕事は盗んで覚えたものだ」

「そんなことは教えることじゃない」

 

挙句の果てには、若手の育成を放棄し、

その責任を若者に負わせようとします。

 

そんな人を、私は認められませんでした。

若者はやる気がないわけではありません。

 

でも実は、そんなことを言っている上司側

の心情にこそ、じっくりと耳を傾けていく

必要があるのだということに気づきました。

 

人材育成の放棄や責任転嫁は、聞いていて

不愉快ですが、最初に部下の言動に傷つき

心を痛めたりたりしたのは、上司側だった

というケースも多いと思います。

 

もちろん部下は無意識ですから、そんな

ことは覚えてさえいません。

 

とても貴重な経験や実績を持つベテラン

社員が、そのノウハウやスキルを若手に

移転できずに、第一線から退こうとして

います。

 

企業にとっては大きな損失です。

 

その損失を最小限に食い止めるためには、

若手社員のサポートよりも、若者に怒りを

感じているベテラン社員の心情を理解し、

解きほぐすサポートを優先すべきです。

 

怒りの背景にある、傷ついた心に共感し、

コミュニケーションを再構築することが

できたら、お互いにとって効果的です。

 

「人の心を置き去りにしない企業支援」

で企業に貢献したいと思っています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細