">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

職場の人間関係の問題のほとんどは、

思い込みで構成されています。

 

「相手に真意を確認したのか?」というと、

状況や様子から「そうだろう」と解釈した

だけで、相手に直接、真意を確かめたわけ

ではありません。

 

思い込みは、自分の頭の中で作られます。

 

その思い込みによって、相手に対する

自分の態度を決めているのです。

 

人間関係の思い込みは、他者理解の怠慢

です。理解しようとしなければ、自分も

理解されることはありません。

 

この態度は生産性や効率性を著しく犠牲

にします。つまり仕事がうまくいなかい

状況を生み出しています。

 

管理職が思い込みで動いていると、組織

内の風通しは悪くなり、スタッフの意欲

は減退します。

 

この状況を打開する第一歩は、

「まずは自分から真意を打ち明け、相手

の真意を確かめる」です。

 

1回でダメなら10回、20回と繰り返します。

仕事上のことですから、どうしても意見が

合わないなら、より上位の役職者に判断を

委ねればいいのです。

 

自分から真意を打ち明け、相手の真意を

確かめることもせず、苦手な相手から

逃げてはいませんか?

 

気づいたらまず行動!です。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細