">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

「会社内の最適な情報流を創る」

 

これはとても大切な仕事です。

 

「このくらいわかっているだろう」

「言わなくても、当たり前だろう」

「わざわざ言う必要もないだろう」

 

そんな思い込みで、情報を止めてしまって

いることに気付かず、誤解や対立が生じて

しまうことがあります。

 

「このくらいわかっているだろう」

「言わなくても、当たり前だろう」

と思うことのほとんどは、言葉で伝えない

と相手には伝わっていません。

 

あとから「そんなことわかっていると

思っていたから言わなかった」

と弁明しても、後の祭りです。

先に言わなければ言い訳にすぎません。

 

でもその「思い込み」、相手に伝わって

いないであろうことが、薄々わかって

いて、別の理由で伝えることから逃げて

いることはないでしょうか?

 

別の理由とは、単に「伝えづらい」

ということです。

 

伝えることに、心理的な抵抗がある、

ということです。

 

その抵抗は、相手にどう思われるか

わからない恐れから来ています。

 

相手にどう思われるかわからない恐れは、

職場内で否定されたり批判されたりした

経験がある人なら、誰もが持つ恐れだと

思います。

 

「会社内の最適な情報流を創る」仕事は、

その恐れの原因をなくすことからです。

 

「言っても大丈夫」と思える、安心な場

をつくることからです。

 

一足飛びにできなければ、そういう場や

時間を定期的につくることから始めたら

いいかも知れません。

 

この仕事は、社内の人がやるより、私たち

のような外部の第三者がやったほうが効果

的です。

 

普段の延長ではない空気感をつくりやすい

からです。

 

必要な情報共有がリアルタイムでできる、

そんな会社を目指す社長さんのサポートを

全力でやっています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細