">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます!

 

ある企業が営業マンの求人を出しました。

 

応募してきたのはベテランの営業マンで、

同業種での営業経験も実績もあり、申し分

ない人でした。即戦力です。

 

社長は採用を決めていましたが、従業員の

ある報告をきっかけに、まったく逆の結論

を出しました。

 

その報告とは、面接に来た際、現職の会社の

社有車で来社したということです。

 

それを見ていただけでなく、社長に報告した

従業員もなかなかですが、即不採用の決断を

した社長もすごいです。短期的な成果よりも、

長期的な効果を優先したわけです。

 

止まれぬ事情があったのかも知れませんが、

仕事に対する姿勢は、こんな細かいところに

出ます。そして、見る人は見ています。

 

スキル不足には「育成する」という選択肢が

あっても、ベテランが仕事に対する考え方を

変えるのは、余程のことがないと困難です。

 

これが、その会社の採用基準です。

 

「何が育成できることで、何ができないことか」

を明確にすることが、採用基準の第一歩です。

 

最初から備わっている人を求めるのではなく、

なくてもいいものと、なくてはならないものを

明確にする。

 

採用だけでなく、様々な基準づくりに使える

観点ですね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細