">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

これまで仕事上で税理士と対立することが

何度もありました。決算方針を巡ってです。

 

ギリギリ黒字か赤字決算して節税する方針の

税理士とは、正面から対決することも…。

税金もコストですから節約は大事ですが、

一番恐ろしいのは調達力がなくなることです。

 

「決算前に節税のためにお金を使うくらいなら、

税金を払ってB/Sをきれいにしてください!」

と言ってきましたが、税金の支払いのために

借入するくらいなら節税しましょうという流れ

になってしまうことも何度もありました。

 

昨日は、ある税理士の講演を聞き、これまで

私がクライアントに主張してきたことが全く

正しかったことがわかり、また税理士の生態

もよくわかってとても納得がいきました。

 

ポイントは、税務業務は会社のためではない、

税理士が会社の役に立てるのは節税しかない、

ということです。税務は国のための仕事です。

 

企業をトータルで見たら、今期節税すること

よりも長期で資金が枯渇しないことのほうが

はるかに重要です。ビジネスからキャッシュ

を生み出すのが一番ですが、投資のためには

「資金調達力」を高めておくべきです。

 

調達力の観点から決算書を見ると、税理士が

気づいていないポイントの数々を指摘する

ことになり、税理士から疎まれるのです。

 

先日、ある企業に決算書の説明をしたら、

「今までで一番わかりやすかった、税理士の

先生はこんな説明はしてくれなかった」

と言われました。その会社の税理士は、私も

尊敬する立派な方です。それでもこれが現実

なのです。

 

中小企業診断士が税理士よりも活躍する時代

になったなと肌で感じます。

(診断士がみんなそうとは限りませんが)

 

ますます気を引き締めていきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細