">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようござまいす。

 

「他部署のことには、意見を出さない」

「他人のことは、気付いても言わない」

 

は、一見、遠慮深い姿勢に見えるけれど、

自己中心的な考えに陥りがちな姿勢です。

 

他部署のことであっても、同じ会社の一員

であり、会社全体にも影響することです。

 

他人に意見を言うのを控えるというのは、

「自分は悪く思われたくない」の表れです。

 

どちらも傷つくことを恐れている側面が

あると思います。

 

その姿勢が「当たり前」の組織になって

しまえば、みんなで何かを真剣に議論して

前に進めていくことは困難になります。

 

社員同士の互いの「無関心」は、間違い

なく業績にマイナスの影響を及ぼします。

 

では、そんな状況を打開するには?

 

たとえば、最初は小さなグループで、

何でも言える小規模なミーティングを

繰り返し、徐々に公式な場での話し合い

ができるように訓練を積み重ねていく。

 

方法は、ほかにもあると思いますが、

つまり「コミュニケーションを育てる」

ということです。

 

その時、最初にやるべきことがあります。

それは、「経営トップの意思表示」です。

 

「トップが社内の無関心に関心を示す」

ということです。

 

トップの意思表示の基に、社内の無関心を

払拭し、コミュニケーションを活性化する

ための具体的な取り組みを実施する。

 

「無関心」を当たり前の状態にしない。

そんな経営者の取り組みをサポートして

います。

 

社員だった頃の自分が、乗り越えられな

かったことに、今また立場を変えて取り

組んでいる感じです。

 

やりがいのある仕事です。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細