">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

職場で起こる問題の解決力は、現状把握

力を向上させることで鍛えられます。

 

現状を、その背景まで含めて素早く察知

することがその第一歩です。

 

現状を把握する際に、どのレベルで把握

するかはとても重要です。

 

問題と同じ目線で向かい合うだけでなく、

上司目線、経営者目線、顧客目線など、

客観的に見ること、そしてできるだけ

長い時間軸で捉えることが重要です。

 

「今何が起こっているか?」を俯瞰して

客観的に見ることができると、他の事例

にあてはめて考えることができます。

 

世の中には様々な問題解決事例があり、

誰も取り組んだことのない問題なんて

身近に起こることはほとんどありません。

 

問題がいつまで経っても解決しないのは

捉え方の問題で、主観的にしか見ようと

していないからです。

 

自分目線から離れて見るのは想像力です。

「思いやり」とか「おもてなし」も想像力

ですから、同じことです。

 

思いやりやおもてなしの心を持っている人

は、現状把握力が高いということです。

把握するというより、察知すると言った

ほうが近いかも知れません。

より広い範囲で思いやれる人を目指したい

と思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細