">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

管理職研修や若手社員向けの研修を

継続的にやっていますが、「目標」

という言葉を最初からポジティブに

捉えている人はとても少ないです。

 

「目標」=ノルマで、会社から与え

られて、達成しないと会議で嫌な目

に合うものとして捉えられています。

 

そこまで極端でなくても、目標さえ

なければ仕事は楽しいのに…という

ように、ネガティブなものとして

受け入れられている例が多いですね。

 

でも、思い出してほしいのですが、

学生の頃、部活でみんなが一生懸命

に練習に励んだのは、

 

「県大会で優勝する!」とか

「強豪チームに勝つ!」とか

「コンクールで1位になる!」

 

といった「目標」があったからでは

ないでしょうか?

 

受験や資格取得のために頑張った経験

のある人も、「目標」を持つ効果を実感

しているはずです。

 

「目標」の理想的な使い方は、部活で

共通目標に向けてチームが一丸となる

ときや、個人的に目指すもののために

力を集中するときに、わかりやすい

旗印として掲げる、というものです。

 

厳しい練習や苦しい勉強の時に、「目標」

を思い出して、またやる気になるという

経験をしませんでしたか?

 

会社や仕事での「目標」を、ノルマや

嫌なものから、やる気を思い出す旗印

に変えることができれば、人や組織が

生き返ります。

 

長年培われてきた観念を変えるのは容易

ではありませんが、意義のある取り組み

なので、コンサルで関わった企業に対し、

ずっとやっていきたいと思っている仕事

のひとつです。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細