">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

社員が「自分の能力を活かすこと」に

フォーカスしているかどうかは、全社

の業績にかかわる問題です。

 

会社員ですから、給料のために働いて

いるのが一般的です。

 

これまでたくさんの会社で社員研修を

してきましたが、働く理由を聞くと、

9割くらいの人がトップ3の中にお金

を稼ぐことを入れています。

 

お金が働く動機の場合、より多く稼ぐ

ためには、自分の能力をより発揮して、

貢献度を高めることで評価が上がり、

給料アップに結びつくという、わかり

やすい構図が成り立ちます。

 

会社では普通、評価が上がらないと

給料アップにはつながらないのです。

 

その構図を理解して行動に結びつける

ためのステップは、

 

①自分が何にどのくらい貢献できて

いるのかを自覚する

②貢献度を高めると、何がどのように

変わるのかを想定する

③最もよく貢献できる能力を特定し、

伸ばす

 

という3ステップです。

 

会社で働いているのに、自分が何に貢献

できているのかよくわかっていない人も

います。会社で働いている以上、誰かに

必ず貢献できているはずです。

 

それを言葉にして伝えるだけでも、貢献

意欲が少し上がったりします。

 

30人くらいの社員研修をすると、働く

理由トップ3にお金が入ってこない人

も必ず数名はいます。

 

人間関係や功績をより重視している人

も一定割合でいるということですが、

同じステップで重視しているものを

満たすができます。

 

つまりほとんどの社員にとって、

「自分の能力をより活かすこと」を追究

することは、個々の「働く理由」を

満たすことにつながるということです。

 

社員みんなが、

「どうやったら自分の能力をもっと発揮し、

貢献度を高められるか?」

を考えている会社だったら、業績だって

よくなると思いませんか?

 

社員研修では、そんな職場の雰囲気づくり

を目指していきます。

 

それでは、今日もよい1日を!

セミナー新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細