">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

管理職になったら、人を育てることが義務

になります。

 

義務ということは、やってもやらなくても

よいのではなく、やらなければならない

ことです。役割として、人を育てること

も含まれるという意味です。

 

スタッフの中に、どんなに物わかりの悪い

人がいたとしても、その人の育成にも責任

を持たなければならないということです。

 

「もっと物わかりのいい人ばかりだったら

育てられます」と言いたくなるかもしれま

せんが、いろんなタイプの人がいる中で

試行錯誤して組織を運営していくことが、

管理職としての成長になるわけです。

 

最初から物わかりのいい人ばかりの組織の

管理職だったら、そこに成長はありません。

与えられた環境で最高のパフォーマンスを

発揮できるように工夫するのが成長です。

 

いかに部下のプラス面にフォーカスして、

仕事の成果を最大化できるか?が管理職に

与えられた使命です。

 

この覚悟が決まると、圧倒的に成果が出て

きます。

 

「部下がこんな状態だから仕方ない」という

ことを言い訳にしている限り、絶対に成果は

上がりません。煮え切らないのに成果が出る

はずありません。

 

与えられた環境の中で、最高のパフォーマンス

をたたき出す覚悟はできていますか?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細