">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

6月は1年の半分を締めくくる大切な月

ですね。今日からその2週目です。

 

組織が成果を上げるポイントのひとつに、

組織を構成するスタッフが目標に対して

どう考えているかと言うのがあります。

 

「こんな目標を達成するのは不可能」

「別に達成しなくても何も変わらない」

と多くの人が考えていれば、当然ですが

達成は遠のいていきます。

 

「私たちにはできる」

「達成することにはこんな意義がある」

ということを、スタッフ全員が理解して

協力していたら、達成の可能性はぐっと

高まります。

 

ところで、何の手入れもしていない組織

では、多くのスタッフが前者の考え方で

いることが普通です。

 

つまり、最初から後者の考え方ができる

組織はないということです。

ということは、手入れして後者の考え方

や自信を形成することが必要です。

 

それを組織教育ではやっていきます。

 

特に個々のスタッフの自信は大切で、

職場が自信を失わせる場になっている

ケースでは、それを回避することから

はじめます。

 

職場を自信形成の場にしていくということ

です。私はこれを個別面談で進めます。

 

スタッフ個々の自信形成がいかいに重要か

をわかっている社長さんの役に立ちたいと

思っています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細