">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

組織は成長の果てに硬直化します。

 

組織の硬直化とはどういうことかというと、

 

・手続きやルールが優先されて本質的なことが

おろそかになること、

・過去の成功体験に依存して、新たなことに

挑戦する気概を失うこと

・前例のないことには着手しないこと

・責任転嫁が常態化して、誰も責任を取らない

こと(リーダーが誰かわからない)

 

象徴的な事象としては、目の前のお客様よりも

社内の手続きが優先されるとか、ひどいと全て

お客様のせいにする組織まであります。

 

硬直を打開するには、誰かが新たなことに挑戦

して、周囲の非難を浴びながらもやり遂げると

いう「刺激」が必要です。

 

その最初の誰かになる勇気を持っている人と、

それを支える人が数人いれば、組織の硬直化を

打開することができます。

 

経営コンサルタントとして、ある組織では

ルール化やマニュアル化を進めていますが、

ある組織ではルールを壊す挑戦を扇動して

硬直化を打開しています。

 

同じ規模の企業でも、成長カーブのどの段階に

いるかによって、組織運営の方向性は全く違う

ということです。

 

今日は、ルールを壊す挑戦を扇動するキャラで

いきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細