">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

会社を組織化していく際に最も足枷に

なるのは、属人化された仕事を標準化

するという部分です。

 

「この仕事はこの人にしかできない」

という仕事を、誰にでもできる仕事に

変えていくところです。

 

それまでその仕事をやってきた人は、

その貢献度や熟練度から、誰でもできる

仕事にされてしまうのは不服です。

 

ところが、企業の成長は属人化された

仕事をいかに誰でも成果の出せる仕事

に変えていくかにかかっています。

 

説明不足で強行すれば、これまで最も

貢献度や熟練度の高かったスタッフを

失う結果にもなりかねません。

 

「会社の状況が変化した」

ということを本人にきちんと説明して

納得してもらわなければならないのです。

 

会社の創業期や成長期は、個々の能力

を最大限に発揮して成果を上げていき

ます。この時期は個人の能力が会社の

成果を牽引します。

 

規模を拡大していくと、ある時期から

個人の能力だけでは会社の成長の牽引

できなくなってきます。組織化が必要

になってくるのです。

 

人数が多いのに組織的でない会社は、

属人化された仕事がうまく標準化され

ていないということです。

 

「個人の能力に頼って成長する時期は

終わりました。これからは組織で成果

を上げる局面です」というのをしっかり

伝える必要があります。

 

私が支援している企業は、ちょうどこの

時期の企業が多く、この変化を突破する

コンサルが得意になりました。スタッフ

個々の面談まで含めて移行を支援します。

 

移行期を乗り越えるサポートに、今後も

力を入れていきたいと思っています。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細