">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

中小企業の組織改革が上手くいかない理由

のほとんどは、仕事が属人化していること

に起因します。

つまり、そのスタッフにしかできない仕事

を大量に作ってしまっていることです。

 

少ないスタッフで仕事を回そうと思ったら、

個人のスキルに依存して仕事を進めていく

のは仕方のないことでもあります。

 

偶然にもその人に人材育成の意識と能力が

あれば次の人が育ちますが、そうでなければ

その人をその仕事から外せないという状況

が生まれます。

 

それを変えると、誰もが上手くいかないと

感じてしまっているのです。

 

組織改革の第一歩は、この意識を変えること

です。「この仕事はあの人にしかムリ!」と

誰もが思っている仕事の担当を変えてみると

いうことです。

 

かなり極端な例かも知れませんが、それが

うまくいくと組織改革の半分は成功です。

実はほとんどの仕事は、真剣にやれば誰でも

できる仕事です。足りないのは真剣さです。

 

属人化してもいい仕事は、突出して高い成果

を上げているとか、その人にしかない芸術的

センスが企業としての強みになっている場合

だけです。

 

そうでない場合(普通の人が仕事をする場合)、

仕事の属人化は避けるべきです。

 

固定化された役割分担にメスを入れると、

組織全体の意識が変わります。

最終的には、「自分にしかできないはず」

と思っていた本人が一番変わります。

 

仕事の属人化にメスを入れることが、

職場を成長の場に変える第一歩になります。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細