">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

経営のスピードとは、投資から資金回収まで

のスピードのことです。

 

経営者にとっての「仕事が早い」は、処理速度

の問題ではなく、投資した資金をいかに短時間

で収益化して回収するかの早さです。

経営者がどんなに事務処理が早くても、経営の

スピードとはあまり関係ありません。

 

資金回収のスピードは、意識の差です。

投資した資金に対する執着とも言えます。

 

「回収できなかったら仕方ない」とは思って

ないと思いますが、その程度の執着だと想定

が甘くなります。

 

どうしても回収したいと思ったら、回収まで

の道筋がかなり具体的になっているはずです。

 

事業を成功させる覚悟とは、投資した資金に

執着があって、その回収までの道筋が明確に

なっている、ということです。

 

執着はマイナスの感情なので、一般的には

減らした方がいいのですが、執着が足りず

計画が甘くなるくらいなら、思い切り執着

したほうが、経営のスピードは上がるかも

しれません。

 

早く投資を回収しようと思ったら、経営課題

の解決スピードも上げていくことになります。

 

経営課題の解決とはつまり、投資回収の速度

を上げるための取り組みなのです。だから、

短時間で解決することに価値があるのです。

 

「経営支援のスピード感覚を研ぎ澄ませたい」

といつも思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細