">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

経営改善とは、望まない未来と決別すること

です。

 

このまま行ったら、どんな財務状態になるか?

社内の人間関係はどうなっていくか?

その結果、業績にはどんな影響があるか?

 

それが望まない未来だとしたら、何かを変える

必要があります。

 

望む未来を想像し、そこから逆算して、今何を

改善すれば望む未来の方向に近づけるのか?

その方向修正の積み重ねが、経営改善です。

 

改善の内容には、経営者自身の取り組みから

全社員が当事者になる実務的なものまで、様々

なレベルがあります。

 

それらに期限を付けて、紙に書いたものが、

経営改善計画書です。

 

望む未来に近づこうとすると、壁に突き当たり

ます。過去の延長を断ち切るのには、苦しさが

伴うことがあるのです。

 

その壁を乗り越えようとする過程で、今までは

できかなかったことが、できるようになったり、

新しいノウハウやツールを手に入れることが

できます。それが社員や組織の成長です。

 

経営改善の目的は、社員や組織の成長です。

経営改善計画とは、企業の成長戦略です。

その取り組みを通して、社員や組織が成長する

ものでなかったら、取り組む意味はありません。

 

改善を目的とせず、会社の成長を目的とする。

改善点にフォーカスするのではなく、改善の過程

で手に入るノウハウやツールにフォーカスする。

 

この点をしっかり押さえた経営改善サポートが

できるコンサルタントでありたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細