">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

「行動を促し、支援するのが役割」です。

 

コンサルタントに相談したからと言って、

本人が何も行動しなかったら、何も解決

しません。

 

行動するのはあくまでもクライアントで、

コンサルはそれをサポートする役割です。

 

コンサルが動いて解決したことは一時的

な解決に過ぎません。

それが必要な時はありますが…。

 

ということは、本質的な仕事をしようと

思ったら、「自分が動く」という選択肢を

封じ、「クライアントが行動する」ことに

最大限のエネルギーを注ぐほうがいいわけ

です。

 

クライアントが前向きに行動できるように、

行動の障害を取り除き、アクセルを踏み込む

お手伝いをするのが理想です。

 

組織としての行動力を高めるために、個々の

社員さんと対話を重ねることがあります。

そんな時も、行動するのはあくまで社員さん

であるという、前提の確認が必要です。

 

相談に乗れば、人によっては頼りたくなる

気持ちにもなります。

 

依存関係にならないためには、行動するのは

あくまでも当事者だということを、繰り返し

お伝えしています。

 

それは、過去に痛い失敗があったからです。

 

その点をちゃんと説明しておかないと、

「あの人は聞いているのに、何もやっては

くれない」と言われます。

 

「やってもらう」ことを期待されるのです。

 

それでは組織の成長になりません。

むしろ成長を阻む結果になりかねません。

 

「行動を促し、支援する力」をもっともっと

高めていく必要を感じています。

 

自分が動くより断然高いレベルですが、挑戦

を続けていきたいと思います。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細