">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

部下の行動を管理しようとすると、

息苦しい職場や関係になります。

 

管理するのは結果で、行動は部下

が自分で考えてやるのが理想です。

 

部下は上司と異なる人間ですから、

上司の思い通りに動かなくて当然

です。でも、結果は顧客の求める

レベルに達する必要があります。

 

上司が仕事を教える時に示せるのは、

・到達したい結果

・それにたどり着くための方法

・その過程で注意すること

の3つです。できればやってみせる

とより効果的です。

 

教えたのと違う行動を取った瞬間、

注意して矯正していると、自主性は

育ちません。

 

結果を見て考えさせ、求める結果に

自分でたどり着く援助をするのが

上司の役割です。

 

行動を管理し始めると、新たな方法

やイノベーションは生まれません。

 

部下の行動を管理していませんか?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細