">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

「覚悟を決めて、泳ぎきれ!」

という言葉は、私にとって特別な言葉です。

 

中小企業診断士の受験時代に聞いた、

TAC㈱の斎藤博明社長の言葉です。

 

「もう引き返せないと思ったら、覚悟を決め

て泳ぎ切る。精神を集中させて、ひたすら

泳ぎ続ける」

 

中小企業診断士試験は、1次試験7科目、2次は

論述試験と口述試験、その後実務補修という構成

の国家資格ですが、取る人は1~2年で取ります。

 

ところが私の場合、7年もかかってしまいました。

同期の受験生が次々と合格する中、取り残された

焦りと、「仕事を優先する」という決意のはざまで

鬱々とした30歳代を過ごしていました。

 

ハイライトは1次試験7科目に合格し、2次試験

の受験資格が有効な翌年の試験日、仕事との日程

調整がどうしてもつかず、仕事を優先させたこと

です。受験開始から4年目、苦渋の決断でした。

 

諦める気持ちが半分以上ある中で、ゼロから1次

試験を受けなおす決め手になったのが、

「覚悟を決めて、泳ぎきる」という言葉です。

 

それ以来、この言葉は積み上げてきたものがゼロ

に戻って再出発するときに必ず思い起こす言葉に

なりました。

 

仕事で追い込まれた時や、独立して経済的に行き

詰った時に、必ずこの言葉に救われます。

 

現在の私の仕事は、お客様が設備投資など大きな

投資をする際、資金調達を含めて、その収益化を

支える仕事ですが、経営者と共有したい言葉が

「覚悟を決めて泳ぎきれ!」です。

 

企業が投資をせずに収益を生むことはできません。

投資をしたら、あとは回収するまで、覚悟を決めて

泳ぎきるしかありません。

 

なので、私の理念は「覚悟を決めて泳ぎきれ!」

です。この言葉ですべての迷いがふっきれます。

 

底力がみなぎってくる言葉です。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細