">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

「設備生産性」という言葉があります。

製造業で設備がどのくらい効率的に運用され、

付加価値を生み出すことに貢献しているかを

表す指標です。

 

設備生産性=付加価値÷設備投資(×100)

(設備投資は有形固定資産額で計算します)

 

これに対してスタッフひとりひとりが生み出す

付加価値は「労働生産性」で表されます。

 

労働生産性=付加価値÷従業員数

 

「労働生産性」を上げるには、スキルアップが

有効ですが、スキルアップの結果の生産性向上

には限界があります。どんなに頑張っても人が

やる以上、上限にぶつかります。

 

そこで、機械化できるところは機械化すること

で、効率を上げようとするわけですが、機械化

の度合いを示す指標は「労働装備率」です。

 

これは、会社全体の設備投資額をスタッフ一人

あたりに換算します。

 

労働装備率=設備投資÷従業員数

(設備投資は有形固定資産額で計算します)

 

労働装備率を上げても、導入した機械を操作

するのは人ですから、人が育たないと生産性

向上に結びつきません。このときは、スキル

アップ以外に頭を使って考えられる人になる

という成長が必要です。

 

製造業の発展をモデル化すると、

1、スキルアップして労働生産性を上げる

(個々の技能向上が業績向上に直結)

2、機械でできるところは機械化する

(労働装備率を上げて効率化する)

3、設備の効率的な運用を考えられる人を

育てる(設備生産性を上げる)

 

製造業はこの繰り返しで生産性を上げて

いきます。

 

設備の効率的な運用を考えられるスタッフ

の中から、生産ライン全体の効率性を考え

られる人材が何人も出てきたら、会社全体

として生産性が上がることになります。

 

ちなみに設備の効率的な運用というのは、

チームワークの向上にほかなりません。

組織化とあわせて進めていくことが鍵に

なります。

 

中小製造業では、この課題に取り組む企業

が本当に多いです。いちばん成長度が高くて

おもしろい課題ですね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細