">

BLOG

BLOG.

経営コンサルタント 長谷川 泰彦 が日々考え、感じたことをブログで発信中

おはようございます。

 

昔から設計図を描くのが得意でした。

 

20歳代の頃は、営業の傍ら、納期がなくて

設計室が間に合わない家具の図面を描いて

いました。まだドラフターやT定規・三角

定規を使っていた時代です。

 

小さいころは、未来のトラックのデザイン画を

描いていましたし、プラモデルの設計図を見て

「ここはこう描いた方がわかりやすいのに」

と思っていました。

 

今は、企業の組織や財務の未来をデザインする

ことに熱中しています。

デザインと言っても、芸術的な感じではなく

設計に近い作業になります。

 

財務と人事組織はつながっています。

ですので、どちらか一方の計画では不足です。

両方の将来計画があってこその設計図です。

 

設計は、大枠のプランニングと詳細の積み上げ

のどちらもわからないと描けません。

大枠のプランニングをする時点で、細かい部分

がどうなっているのか想像できている状態です。

 

財務の5か年計画はまさにそれです。

 

大枠で投資や返済をプランニングして、詳細で

収支計画の細かいところに入っていきます。

 

慣れないうちは、詳細がわかっていないので、

細かく詰めていったら大枠のプランが変わる

ということが頻繁にありました。

 

今では大枠のプランと詳細を同時進行で詰めて、

一緒に人事組織の計画も考えることができます。

組織図も、私にとっては設計図です。

 

仕事に熱中していたら、いつの間にか備わった

この設計能力は結構使えます。役に立ちます。

財務と人事の設計能力を磨き上げ、コアスキルに

していきたいと考えています。

 

「やっているうちに身についた能力」

って本当に大事です。

今やっている目の前の仕事、大切にしたいですね。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

財務と組織の「枠組み」を変える
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細