">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

管理職が「会社のために」仕事をするのか、

「スタッフのために」仕事をするのかで、

社内の雰囲気が大きく違ってきます。

 

昨日はそのことに気付かされる出来事があり、

とても深く考えさせられました。

 

管理職は、仕事を円滑に進める役割を担って

います。その仕事はスタッフがやってくれて

います。スタッフが働きやすく、イキイキと

仕事に取り組めるかどうかが、仕事の成果に

直結します。

 

管理職はスタッフが成果を上げやすい環境を

作ることで、その役割を果たします。

つまり、スタッフのために働くのが管理職

です。

 

スタッフのために、が会社のためになります。

この順序は、極めて重要です。

 

会社のためと言うのは、極言すれば経済的な

メリットのためです。それを優先し続けると、

社内は殺伐とした雰囲気になります。人より

経済を優先した結果は容易に想像がつきます。

 

ともすれば、管理職は会社のために仕事をして

しまいがちです。そこを「スタッフのために」

に軌道修正できる経営者はすごいと思います。

甘やかすのではなく、スタッフの成長のために

です。

 

管理職教育を進めていく上で、極めて重要な

ことを思い出させてくれた1日でした。

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細