">

BLOG

BLOG.

コラム「風の時代の仕事のヒント」配信中(2021/6~)

おはようございます。

 

8月も終わりますね。

夏が過ぎて秋に向かう節目の時期に入ります。

 

***

 

「今いる環境から逃げたい」

というのは、会社勤めをしていれば、誰でも

一度は思ったことがある気持ちだと思います。

 

私自身も何度も思いました。

 

そのときのことを振り返り、何に嫌気が差した

かを思い出してみると、変えられないことを

変えようとしていたり、本当は変えられること

を変えられないと勘違いしていたふしがあると

感じます。

 

変えられないこと=他人のことです。

変えられること=職場環境などの制約です。

仕事の条件や人との関係性も変えられます。

 

制約を変えられないことと思い込むことで、

自分を守ってしまうことがあります。

変えられるとわかった瞬間、その環境は自分

の責任下の状況になります。

 

どこまで責任を持てるかというのが人として

の成長度を決めるわけですが、本当は変えられ

ることを、変えられないと思い込むことで責任

から逃げていたのです。

 

この責任から逃げている状態が、今いる環境

から逃げたいという気持ちにつながるのです。

 

会社を辞めたいといった場合、この責任逃れ

している自分をリセットしたいという気持ち

が半分以上あると思います、自覚しているか

どうかは別として。

 

一見変えられそうにない制約が思い込みだと

気づき、積極的に責任を取っていく方向に変

えると、状況は思ったほど悪くなくなります。

 

どこまでを自分の責任範囲と考えますか?

 

それでは、今日もよい1日を!

新着記事

プロフィール

企業に未来思考をインストールする
経営コンサルタント

長谷川 泰彦
Hasegawa Yasuhiko

株式会社リフレーム 代表取締役

中小企業診断士

詳細